早急に対応しないと厄介なことになるトイレトラブルの解決方法

男の人

詰まり解消までの流れ

トイレ

トイレ詰まりを業者に修理してもらう場合、最初に電話等で依頼を行います。正式な訪問日時が決定した後、サービススタッフが現地で見積を出し、依頼者と契約後に作業開始となります。作業内容や料金は詰まりの状態によって変化し、作業完了後に料金を支払い、領収書を受け取るのが一連の流れです。

水回りのトラブルの対応

女の人

トイレのつまりが発生した時は、専門の水道業者に依頼するのが確実です。業者に依頼するメリットは確実に直してくれて、24時間365日対応してくれるところです。修理費用の相場は5000〜10000円程度です。

早めに対策を

作業員

選ぶときの注意点

トイレトラブルには様々なものがあります。ちょっとしたつまりくらいならば、自力で直すこともできますが、どうにもならないことも少なくありません。放置しておいても状況が改善することは少ないので、早めに業者に修理依頼をするのがおすすめです。トイレのつまりといった一時的トイレトラブルであっても、繰り返し起こるときや長期間トラブルがある場合は他の原因も考えられます。一度業者に依頼して点検してもらうとよいでしょう。その他、よくあるトイレトラブルとしては、トイレの水がとまらない、トイレの床が濡れる、ウォシュレットの具合が悪い、蛇口が堅いもしくは緩い、シングルレバーハンドルが戻らなかったりぐらぐらしたり折れたりする、などがあります。トイレの水がとまらないのは、タンク式の場合浮き玉による原因と排水弁による原因が考えられます。一度タンクを開けてみると異常がわかりやすいです。直すのは意外と難しいので業者に依頼するのがよいでしょう。トイレの床が濡れるのは複合的な原因が考えられ、状況により原因と対策が異なります。衛生上よくないので早めに業者に依頼すべきといえます。蛇口やシングルレバーハンドルの調子についても同様で、自力での修理は不可能に近いので早めに依頼しましょう。トイレトラブルで業者を選ぶときは、対応の丁寧さ、実績の有無と量、見積もりの明瞭さに注意して選びましょう。不安を感じたら別の業者に依頼する方が得策です。

あわてずにプロに依頼

作業員

トイレのつまりや水漏れなどのトラブルは、プロの業者を依頼しましょう。インターネットのサイトでは、修理の内容ごとに料金が掲載されていますが、事前に見積りをとりましょう。追加料金のかからない業者を選ぶと安心です。