早急に対応しないと厄介なことになるトイレトラブルの解決方法

男性

詰まり解消までの流れ

トイレ

連絡訪問後に見積をもらう

水道工事業者などにトイレ詰まりの解消を依頼する場合、最初にこちらから電話を掛けてトラブルの状態や、自分の氏名・住所などを知らせます。その後は業者が折り返しの電話で、あるいはその場で直接訪問可能な日時を告知してくれます。サービススタッフの訪問後は、トイレの詰まりを確認してその原因や必要な作業内容を見積書にして依頼者に提示するのが一般的な流れです。正確な修理料金もこのときに判明するため留意が必要です。見積書はトイレ詰まりを解消するための作業の詳細や交換部品などが記載され、それぞれの料金単価も分かります。依頼者側は提示された見積りをよく検討して料金や作業内容に問題がないかを確認し、作業契約を業者と交わした後に修理が始まります。実際の修理では、トイレ詰まりの状態に応じて作業内容が変わってきます。詰まっている物を直接サービススタッフが除去するケースもあれば、真空式パイプクリーナーや真空ポンプを使って詰まりを解消することもあります。トイレ排管の破損がトイレ詰まりの原因の場合、部品交換も場合によっては必要です。作業中は依頼者は立ち会う必要は必ずしもありませんが、作業終了後には必ず一度立ち会う必要があるので、作業中に外出等を行う場合は注意を要します。作業完了後に依頼者が立ち会って修理箇所を確認した後、見積書に書かれた料金を支払います。料金支払後は領収書を発行してくれるので、必ず受け取るようにしておきます。